十勝インターナショナル協会 Tokachi International Association
トップ サイトマップ
 
The Latest information. 最新のイベント情報はこちらから
十勝の国際化を目指し世界に開かれた地域作りを目指します。
十勝インターナショナル協会
 
組織について
事業について
会員について
会員募集
 
年間イベントスケジュール
 
十勝インターナショナル協会独自事業イベント
地域事業イベント
JICA受託事業イベント
 
JICA委託事業について
十勝国際交流ボランティア
リンク
 
市町村会員
団体・個人会員
関連団体
 
 

十勝インターナショナル協会独自事業イベント

 

十勝インターナショナル協会が独自で実施した事業などの報告を掲載していきます。

高校生フェスタ 2017

高校生フェスタ 2017

と き:平成29年8月13日(日)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

毎夏恒例行事となっている「高校生フェスタ2017」を開催しました(日本人高校生20名、外国人留学生12名など、計47名参加)。

まずは全員で「ハンティングゲーム」と題したアイスブレーキングを行い、参加者同士の距離を縮めた後は、アイスブレーキングとは異なるグループに分かれて、「ランチメニュー問題」、「ブレインティーザー問題」、「絵地図作成問題」に英語だけで取り組みました。

高校生フェスタ 2017

今年は、帯広市の国際姉妹都市相互派遣事業で来帯する高校生がいなかったため、帯広畜産大学留学生8名とAFS留学生(高校生)4名が日本人高校生との交流を楽しみました。参加した日本人高校生からは、「最初は不安だったけど、最後は楽しく終えることができた。」、「英語しか使えない状況で様々なことについて話し合うのが大変でした。語彙力を上げようと思いました。」等の感想が寄せられました。

 

世界のともだち 2017

世界のともだち 2017

と き:平成29年7月2日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)

 

毎年7月第1日曜に開催している管内最大級の国際交流イベント、「世界のともだち2017」を開催しました。

今年も、パフォーマンス披露やゲーム大会といったステージイベント、帯広畜産大学留学生などによる屋台、子ども達に人気のタトゥーシールの配布や、JICA研修員からシールを集めてプレゼントをもらうスペシャルラリーなどを実施しました。ステージ上のパフォーマンスとしては、予定されていた和太鼓演奏やベリーダンス、アフリカンドラムなどの外に、JICA研修員数名が飛入りで自国の踊りを来場者に披露しました。

世界のともだち 2017

また、ICA会場では、今年完成した常設展示「おびるっく」を中心に、途上国の現状やICAが行う事業などをわかりやすく紹介していました。

 

国際フェスタ in とかち 2017

国際フェスタ in とかち 2017

と き:平成29年2月11日(土)、12日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)

 

十勝から世界に羽ばたく人材を育てることを目的にした国際理解イベント「国際フェスタ in とかち」を今年度も開催し、延べ1,550名の皆様に来場いただきました。

交流館会場では、毎年人気が高い「子ども向け英会話レッスン」を実施した外、「帯広畜産大学留学生による料理教室」と題し、1日目

国際フェスタ in とかち 2017

「麺・パスタ」、2日目「カレー・シチュー」と日本人が好むメニューを取り上げ、それぞれ3か国ずつの、計6か国の料理を作り、来場者に試食いただきました。

JICA会場では、JICA北海道(帯広)の協力を得て、「無料映画上映会(11日:ストリートオーケストラ、12日:ザ・トゥルーコスト)&トークショー」を行いました。同じ会場で行ったフェアトレード商品を購入できる「フェアトレードコーナー」、JICAセンターの裏側を探検できる「JICA館内ツアー」、研修員と一緒に楽器や小物を製作する「キッズコーナー」企画には多くの方が立ち寄ったり、又は参加したりしていました。

 

 

高校生フェスタ2017冬

高校生フェスタ2017冬

と き:平成29年1月6日(金)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

今年の冬も、英語だけの時間を体験してもらう取組み「高校生フェスタ」を開催しました。当日は日本人高校生10名、外国人12名など、計34名が参加しました。

数名が同時発声したお題を他の参加者が聞き取る「What did you say?」を行い、緊張をほぐした後は、グループワークとして、

高校生フェスタ2017冬

クイズ形式の問題「ブレインティーザー」や「世界の高校制服問題」、「外国人向け観光ちらし問題」に取り組みました。

参加した日本人高校生は、学校の授業にはあまりない「英語だけの時間」にとまどいながらも、英語の楽しさを実感していました。

 

高校生フェスタ2016

高校生フェスタ2016

と き:平成28年8月13日(土)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

今年も夏休みの機会を捉えて、「高校生フェスタ2016」を開催しました。

当日は日本人高校生20名、外国人16名など、計49名が参加し、まず「ヘリウムリング」と題したアイスブレーキングを行い、その後グループワークとして「4コマ漫画問題」や「コンビニ問題」、「世界の食卓問題」に英語だけで取り組みました。

高校生フェスタ2016

今回は、帯広市の国際姉妹都市相互派遣事業で来帯した米国スワード市の高校生2名、帯広畜産大学留学生8名、AFS留学生(高校生)3名が参加し、日本人高校生との交流を楽しんでいました。参加した日本人高校生からは、「思ったよりも楽しかった。」「英語が聞き取れなかったのでこれからがんばりたい。」等の感想が寄せられました。

 

世界のともだち2016

世界のともだち2016

と き:平成28年7月3日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺

 

夏の恒例行事となっている「世界のともだち2016」を開催しました。
今年は、帯広緑陽高等学校書道部によるパフォーマンス、サルサバンドによる演奏などのステージイベント、帯広畜産大学留学生などによる屋台を実施した外、世界の食糧事情を理解できる体験コーナーやアフリカに係るパネル展などをJICAブースとして設置しました。

世界のともだち2016

来場した子どもたちは、場内各所に設置されているスタンプやJICA研修員が持っているシールを集めてプレゼントをもらったり、ステージ上で行われたクイズやゲームに参加したりして、夏のお祭りを楽しんでいました。

留学生の屋台には例年どおり多くの人が行列を作り,すぐに売り切れてしまうメニューもありました。

 

 

国際フェスタ in とかち 2016

国際フェスタ in とかち 2016

と き:平成28年2月13日(土)、14日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)

 

十勝から世界に羽ばたく人材を育てることを目的にした国際理解イベント「国際フェスタ in とかち 2016」を、森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)で開催し、延べ1,100名の皆様に来場いただきました。

今年の交流館会場では、近年人気を集めている子ども向け英会話レッスン「英語で遊ぼう!」を実施した外、会員による「国際交流活動の紹介展示」、「帯広畜産大学留学生による料理紹介」、景品がもらえる「スペシャルラリー」、未就学のお子様対象の「英語絵本のプレゼント配布」などを行いました。

国際フェスタ in とかち 2016

もうひとつの会場であるJICA会場では、JICA北海道(帯広)の協力を得て、「無料映画上映会(13日:バベルの学校、14日:ベンダ・ビリリ!)」を行いました。その他には「JICA事業紹介コーナー」、「フェアトレードコーナー」、「図書資料室案内スペース」を設置し、JICAの裏側を探検できる「JICA館内ツアー」や、もちまき,雪遊び、アフリカの楽器作りといった「子どもが楽しく参加できる企画」も行われました。

 

 

高校生フェスタ2016冬

高校生フェスタ2016冬

と き:平成27年1月8日(金)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

日本人高校生5名、外国人14名など、計24名の参加を得て、「高校生フェスタ2016冬」を開催しました。  
2人1組で行うハンティングゲームで体を動かし、盛り上がった後に、4つのグループに分かれて、英語だけで「ホームパーティー問題」や「サバイバル問題」、「世界新聞作成問題」に取り組みました。

高校生フェスタ2016冬

今回は日本人高校生が5名と少なかったため、1グループに1人しか日本人高校生がいないグループもあり、非常に密度の濃い「英語の時間」を体感してもらいました。

 

高校生フェスタ2015

高校生フェスタ2015

と き:平成27年8月12日(水)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

日本人高校生23名、外国人23名など、計59名の参加を得て、「高校生フェスタ2015」を開催しました。

英語のみのルールの下、フラフープを使ったアイスブレーキングなどを行った後に、「ごみリサイクル問題」や「ファストフード商品開発問題」、「ホームステイ問題」にグループ単位で取り組みました。

高校生フェスタ2015

当日は、帯広市の国際姉妹都市相互派遣事業で来帯した米国スワード市の高校生3名と中国朝陽市の高校生5名、帯広畜産大学留学生7名、AFS留学生(高校生)3名が参加しました。

参加した日本人高校生からは、「今度もっと英語をしゃべれるようになってぜひ参加したい。」「英語への意欲が湧いた。」等の感想が寄せられました。

 

世界のともだち2015

世界のともだち2015

と き:平成27年7月5日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺

 

管内最大級の国際交流イベント「世界のともだち2015」を開催しました。

三味線とパーカッションによる当日限定演奏などのステージイベント、帯広畜産大学の留学生によるザ・屋台、世界の民族衣装の試着体験ができるJICAブースなどを行いました。

世界のともだち2015

来場した子どもたちは、スペシャル・ラリーやステージイベントでのゲームを通じてJICA研修員と話したり、普段見ることが少ない巨大ぬり絵を楽しんだり、英字新聞でエコバッグを作成したり、好きなタトゥーシールを顔や腕に貼り付けたりと、思い思いに国際交流のお祭りを楽しんでいました。

今年来場された方も、残念ながら来場できなかった方も、来年の「世界のともだち」でお待ちしています。皆さんの身近にある「異文化」をぜひ体験しに来てください。

 

国際フェスタ in とかち 2015

国際フェスタ in とかち 2015

と き:平成27年2月14日(土)、15日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)

 

十勝から世界に羽ばたく人材を育てることを目的に、「国際フェスタ in とかち 2015」を開催します。

当日は、「子ども向け英語レッスン」、「無料映画上映会」、「帯広畜産大学留学生による料理紹介」などを行います。映画上映後にはトークショーが予定されています。

JICAブースでは、「途上国の課題に係る紹介・展示」、「フェアトレードコーナー」、「青年海外協力隊50周年記念パネル展」などが設置されます。また、JICAセンターの裏側を見学できる「施設探検ツアー」、雪中みかん探しやスノーキャンドル作りといった「研修員との交流プログラム」も行われます。

小学生以下のお子様にお菓子がもらえるスペシャルラリーや、未就学のお子様に英語絵本のプレゼントもありますので、皆様お誘い合わせの上、会場までお越しください。

時間は、両日ともに10時から15時まで、参加は無料です。詳しくは十勝インターナショナル協会事務局、電話34-0122にお問い合わせください。

また、本イベントの運営ボランティアを募集しております。14日のみなどの時間限定でも構いませんので、ご関心のある方は事務局まで連絡願います。

 

 

高校生フェスタ2015冬

高校生フェスタ2015冬

と き:平成27年1月9日(金)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

森の交流館・十勝で「高校生フェスタ2015冬」を開催しました。

当日は、十勝管内の高校生10名を含む、計36名が参加し、全員英語のみのルールの下で「朝ごはん問題」、「雪山問題」、「ポスター問題」等を行い、参加者間で交流を深めました。外国人参加者としては、帯広畜産大学生8名やAFS高校生4名などが参加しました。

高校生フェスタ2015冬

参加した日本人高校生のうち数名は、プレゼンテーションの場面で話したいけど思ったように言葉が出てこないもどかしい表情を見せていましたが、終了後のアンケートでは「英語を上手に話そうとすることよりも、自分の意思を今持っている英語力でなんとか伝えようとすること、コミュニケーションを取ろうとすることの方が大切なことに気づいた」など、自身の英語能力の向上に積極的に取り組もうとする回答が複数寄せられました。

 

高校生フェスタ2014

と き:平成26年8月12日(火)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

高校生フェスタ2014

日本人高校生21名、外国人17名など、計49名の参加を得て、「高校生フェスタ2014」を開催しました。

今回は、ボールを使ったアイスブレーキングなどで互いの距離を縮めた後に、グループに分かれて「コンビニ問題」、「ホテル問題」等に取り組みました。当日は、帯広市の国際姉妹都市相互派遣事業で来帯した米国スワード市の高校生1名や、帯広畜産大学留学生8名、AFS留学生(高校生)5名が参加しました。

英語のみのルールの下で参加した日本人高校生からは、「英語を話したり聞いたりすることは難しかったが楽しかった」、「もっと話ができたら良かった」、「改めて英語で伝える難しさを感じた」、「次はもっと勉強して話せるようになりたい」、「また機会があったら参加して交流を深めたい」等の感想が寄せられました。

 

世界のともだち2014

と き:平成26年7月6日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺

 

世界のともだち2014

管内最大級の国際交流イベント「世界のともだち2014」を開催しました。

当日は、多くの子どもたちがスペシャル・ラリーやゲームなどを通じ、帯広市を訪れているJICA研修員との交流を楽しみました。

また、来場された皆さんは行列を作りながら、帯広畜産大学の留学生が提供する料理の数々に舌鼓を打っていました。屋台は好評で、開店早々に売切れとなるメニューもあり、食べられずに残念がるお客様もいらっしゃいました。

今年来場できなかった皆さんは、来年ぜひ異文化を実体験できる「世界のともだち」にお越しください。

 

国際情勢講演会(日本外交におけるカナダの重要性)

と き:平成26年2月27日(木)

ところ:とかちプラザ 視聴覚室

 

講演会(カナダ憲法から読み解くカナダと日本との違いについて)

2月27日(木)、外務省及び帯広市との共催で「国際情勢講演会」を開催いたします。

当日は、外務省北米局北米第一課長曽根健孝氏を講師として招き、「日本外交におけるカナダの重要性」という題目でお話しいただく予定です。アメリカ、カナダとの外交最前線で活躍されている曽根氏から、日本外交におけるカナダの重要性を伺うことは、北海道と多くのつながりを有するカナダに対する理解を深める良い機会になるものと考えます。ご関心のある方はぜひご参加ください。

なお,本講演会は参加無料ですが,定員に限りがあるため事前申込みが必要となります。

 

講演会(カナダ憲法から読み解くカナダと日本との違いについて)

と き:平成26年2月19日(水)、20日(木)

ところ:とかちプラザ(19日)、鹿追町民ホール(20日)

 

講演会(カナダ憲法から読み解くカナダと日本との違いについて)

2月19日(水)、20日(木)、北海道教育大学函館校の高木康一准教授を招き、「カナダ憲法から読み解くカナダと日本との違いについて」と題した講演会を開催します。

カナダは、皆さんご存知のとおり、赤毛のアン、ロッキー山脈、メイプルシロップの国であり、英語系、仏語系、先住民、移民など多様な人々が住む国です。また、多様な価値観を持つ人々同士の差異を認める「多文化主義」の国でもあります。今回の講演会では、高木氏がカナダの「多文化主義」についてお話しいたします。ご関心のある方はぜひご参加ください。

場所は、19日がとかちプラザ、20日が鹿追町民ホールとなります。時間はいずれも19時から20時半までで、参加は無料です。定員に限りがあり、事前の申込みが必要です。

 

国際フェスタ in とかち2014

と き:平成26年2月8日(土)、9日(日)

ところ:とかちプラザ

 

国際フェスタ in とかち2014

2月8日(土)、9日(日)の2日間、「国際フェスタ in とかち2014」と題した国際理解イベントをとかちプラザで開催いたします。

当日は、英会話学校の協力による子ども向けレッスン「英語で遊ぼう!」や、フェアトレードをテーマとする映画の無料上映会、フェアトレードに関するブース「帯広 de フェアトレード by JICA」の設置、帯広畜産大学留学生等による異文化紹介、国際姉妹都市交流やその他国際協力・国際貢献を行う団体による活動紹介などが予定されています。

また、小学生以下のお子様を対象としたスペシャルラリーや、未就学のお子様に英語の絵本のプレゼントもありますので、皆様お誘い合わせの上、会場までお越しください。

イベントは10時から15時半までで、入場は無料です。

 

高校生フェスタ2014冬

と き:平成26年1月10日(金)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

高校生フェスタ2014冬

平成26年1月10日(金)、森の交流館・十勝で「高校生フェスタ2014冬」を開催しました。

当日は十勝管内の高校生7名を含む、計33名が参加し、全員英語のみのルールの下でクロスワードゲーム、写真当てゲーム等を行い、参加者間で交流を深めました。外国人参加者としては、帯広畜産大学生8名やAFS高校生4名などが参加しました。

日本人高校生からは、「聞き取れない言葉も多く大変だったがリスニング力が鍛えられた」、「外国人と交流を深めることは簡単ではないが少しずつ話す勇気を持ちたい」、「間違ってもいいからチャレンジすることが大切だと学ぶことができた」等の感想が寄せられました。

 

高校生フェスタ2013

と き:平成25年8月14日(水)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

高校生フェスタ2013

平成25年8月14日(水)、森の交流館・十勝で「高校生フェスタ2013」を開催しました。
当日は十勝管内の高校生16名、外国人15名の計31名が参加し、全員英語のみのルールの下で自己紹介ゲームや植樹ゲーム等を行い、参加者間で交流を深めました。外国人参加者としては、国際姉妹都市相互派遣事業で来帯した米国スワード市高校生2名、留学生(帯広畜産大学生8名、AFS高校生4名)、そして元AFS高校生1名が参加しました。

日本人高校生からは、知らない国の話を聞くことができ良い経験になった、今後は積極的に外国人に話しかけたい、次回またあれば参加したい等の感想が寄せられました。

 

世界のともだち2013

と き:平成25年7月7日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺

 

世界のともだち2013

平成25年7月7日(日)、10時30分から15時まで、森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)で「世界のともだち2013」を開催しました。

当日は2000名を超える皆様が来場し、ステージ上でのパフォーマンスやFM-JAGAによる「Hello!JICAfe」イベント、帯広畜産大学留学生や管内在住外国人による「ザ・屋台」、スペシャル・ラリー、塗り絵や工作などを楽しみました。

また、NGOやJICAがそれぞれの活動内容を紹介するブースを設置しました。

 

国際協力活動特別講演会

国際協力活動特別講演会

~ケニアの路上で、強く、前向きに、今を大事に生きる子どもたちを見つめて~

と き:平成25年6月5日(水)19:30~20:30

ところ:森の交流館・十勝 ウインターガーデン

 

森の交流館・十勝内、東南アジアの植物が美しく生い茂る、ウインターガーデン。ここリラックスムード漂う空間で、6月5日(水)19時30分から約一時間、「国際協力活動特別講演会」を開催します。内容は、ケニアのスラム街で生きるストリートチルドレンと正面から向き合い、彼らを支援し続けているNGO団体「モヨ・チルドレンセンター」の主宰、松下照美さんの、今まで彼女が見てきたものや、経験、そして学んだことを中心にお話していただくものとなっています。

儚くも、強かで、そして必ず前を向きながら、青空の下生きる子ども達。彼らの約7・8割は親がいて、いつの間にか、それぞれが何かを求め、ストリートに出てきてしまいます。長編ドキュメンタリー映画「チョコラ!」が放映された当時、ケニアのストリートの現状が世界中から話題を呼びました。松下氏はこの映画の制作・出演にも携わり、ケニアの現状を多くの方に伝えようとした人達の内の一人です。

彼女がボランティアの延長線上で始めた活動、今の胸に秘めている熱い想いを皆さんもぜひ聞きにきてみてはいかがでしょうか?

 

国際フェスタin十勝2013

国際フェスタin十勝2013が開催されました。

と き:平成25年2月2日(土)~2月3日(日)2日間

ところ:とかちプラザ1階アトリウム

 

平成25年2月2日(土)~3日(日)までの2日間、とかちプラザ1階アトリウムで「国際フェスタin十勝2013」を開催します!!今年はダンスパフォーマンス、日本とは違う外国の常識をクイズ形式で知ってもらうことや、十勝管内の国際交流団体の発表もしていただく、様々な内容のステージイベントの他、世界のボードゲームで帯広畜産大学留学生と遊べたり、民族衣装を着て記念撮影、そして外国語でおしゃべりする場所もあって、外国への興味がだんだん湧いてきた方には打ってつけのイベントです!入場料は無料なので、みなさんぜひご来場下さい!もちろん恒例の世界のお菓子もありますよ!お待ちしております!

 

高校生フェスタ2012

高校生フェスタ2012が開催されました。

と き:平成24年8月10日(金)

ところ:森の交流館・十勝 多目的ホール

 

平成24年8月10日(金)森の交流館・十勝で、十勝管内高校生32名、外国人15名、計47名が参加し、全員英語のみのルールのもと、交流を深めました。

外国人参加者は、留学生(帯広畜産大学生、AFS高校生)のほか、帯広市の国際姉妹・友好都市相互派遣プログラムで来帯した米国スワード市と中国朝陽市の人達も参加。当日は多田会長挨拶の後、留学生からは自国紹介を、高校生からは十勝の紹介などを行いました。言葉の壁は確かにありましたが、国際交流によって相互理解や思いやりのあるコミュニケーションは育まれると強く感じられるイベントで、最後には国籍・言語問わず仲良く楽しんでいました。

世界のともだち2012

と き:平成24年7月8日(日)

ところ:森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺

 

平成24年7月8日(日)、午前10時30分から午後3時まで、森の交流館・十勝及びJICA北海道国際センター(帯広)周辺で「世界のともだち2012」が開催されます!!

今年も管内在住の外国人の方々と一緒に例年同様ゲーム・パフォーマンス・屋台など、他様々なアトラクションで多いに盛り上がりたいと思います!

去年参加出来なかったみなさんは、今年は是非!足を運んでみてください!

みなさんのご来場をお待ちしております!!

 

世界のともだち2012

世界のともだち2012ポスター(friend2012.pdf【256KB】pdf形式)

 

平成23年度の記事はこちらからご覧いただけます。

 

 
十勝インターナショナル協会
〒080-2470
帯広市西20条南6丁目1番地2
TEL:0155-34-0122
E-Mail:tirc@city.obihiro.hokkaido.jp

 

 

Copyright Tokachi International Association. All Rights Reserved.